脊柱管狭窄症の症状を学ぼう|正しい知識を身に付け適切にケアしよう

病院

注目されている併用療法

看護師

免疫力を高める治療

がんの新しい治療法としてすでに実践されているのが併用療法です。これは抗がん剤治療をする時に1種類の薬だけを利用するのではなく、複数の薬を用いる方法です。併用することによってそれぞれの効果を引き出すことができ、治療効果を上げることができます。この併用療法で最も期待されているのが免疫療法との併用です。免疫療法には副作用を軽減させる効果があるため、抗がん剤治療と併用することで患者の苦しみを軽減することができるのです。また放射線治療とも併用されています。免疫療法とは人間が生まれつき持っている免疫力を高めて、自然治癒力によってがん細胞をやっつける治療法です。現段階では科学的な根拠が明らかにされていないのですが、今後のさらなる研究によってその治療効果が認められるはずです。

免疫力を上げる食べ物

免疫療法は病気になってしまった人に治療を行うのですが、病気の予防として免疫力を高める工夫をすることも大事です。免疫力をアップさせるには体温を上げるのが効果的です。身体が冷えていると体温が下がり、血管が収縮して血行が悪くなります。そうすると異物を攻撃する白血球の動きが鈍くなり、病気にかかりやすくなるのです。免疫力は体温が1度下がると30パーセント低下するので、常に正常体温である36.5度を保つ必要があります。食生活でも体温を温める食材を食べるよう工夫することです。例えば生姜や唐辛子やニンニク、ニラ、ダイコン、長ネギなどです。また栗や松の実や桃などの果物も効果があります。これらの食材を工夫して料理をすると体温を上げることができ、免疫力をアップさせることができます。