脊柱管狭窄症の症状を学ぼう|正しい知識を身に付け適切にケアしよう

病院

これからの治療

観葉植物

人が多く住んでいる平野区にはいろいろな役割を持っている病院があります。そして、症状に応じて検査をしたり、それに合った治療方法を行なっています。またクリニックと大きい病院との連携をとって、より多くの患者さんの診察をしています。

View Detail

注目されている併用療法

看護師

がんの治療で注目されているのが併用療法です。抗がん剤の薬を複数使用したり、免疫療法を取り入れたりする方法です。免疫療法は副作用を抑える効果があるので、抗がん剤治療の副作用で苦しむ患者に対して行われます。免疫力は人間に備わっているもので、身体を温める食材を食べることでアップさせることができます。

View Detail

危険な心臓の病

女性

命に関わる心臓の病気の一つに心筋梗塞があります。これは心臓の血管である冠状動脈が詰まり、心臓の細胞が壊死した状態です。症状は強烈な胸部痛で、痛みが長時間続きます。治療方法には急性期では外科的手術と薬物療法がとられ、回復期では主にリハビリテーションが行われます。

View Detail

痺れや痛みを起こす疾患

医者

生活習慣の改善で予防

スポーツや仕事などが原因で脊柱管狭窄症を発症することがあります。主に頸部と腰部に発生する疾患です。脊柱管狭窄症は、神経根型、馬尾型、神経根型と馬尾型の混合型の3つに分類されます。頸部脊柱管狭窄症は、上肢の痺れや痛み、手に力が入らない、うまく動かせないなどの症状が見られます。生まれつき頸椎間が狭い人に多く見られます。腰部脊柱管狭窄症は、下肢の痺れや痛み、下肢の筋力低下、腰痛、間欠性跛行、膀胱直腸障害などが見られます。脊柱管狭窄症を予防するためには、適度な運動やトレーニング、バランスの良い食事が大切です。運動やトレーニングを行うことで筋肉が付き、脊柱への負担が少なくなります。そしてバランスの良い食事で肥満を予防することでも、負担の軽減になります。それに加えて、骨に良いとされるカルシウムの摂取も積極的に行うとより効果的だとされています。

若い人にも増える可能性が

脊柱管狭窄症を発症しやすい人の特徴は、身体に負担のかかるハードなスポーツを長期間続けている、首や腰を無理に曲げたり捻ったりしている、長時間同じ姿勢で過ごしているなどがあげられます。このことから、この先ますます患者数が増加すると考えられています。理由は、テレビやパソコン、スマートフォンなどの普及により、長時間悪い姿勢で過ごす人が急増していることにあります。現段階では中高年の男性に多いとされていますが、今後は男女関係なく、若い世代の人にも増えていくでしょう。また、姿勢だけではなく食生活の乱れも大きく関係します。特に甘いものや冷たいものの摂取は脊柱管狭窄症の症状を悪化させると言われており、日常的にそれらを好んで摂っていると脊柱管狭窄症のリスクも上がってしまう可能性があります。